LUNA SEA降臨

最近はすっかりTwitterがメインになちゃってて、
久しぶりにゆっくり書きます。

ついにLUNA SEAとしての久しぶりのツアー、
「The End of the Dream」が始まった。
2010年のREBOOTツアーで世界を回ってきたけれど、
日本を巡るツアーはじつに12年ぶり。
しかもまずはスタンディング・ツアー!
みんなもそうだと思うけど、まさか本当に実現するとは、
まだちょっと信じられないでいるよ (^_^;)。

最近いつもインタビューで言っているように
REBOOT後の今のLUNA SEAは、バンド史上最強の状態だと自負している。
20代の時に持っていたスピード、切れ、瞬発力はまだ衰えておらず、
そしてさらに40代だから持ち得ることのできる深み、重たさ、広がりを体現できる、
と、そう実感している。
まあ、さすがに容姿はだいぶ年老いてきたけどね~。。。
とにかく今だからこそ俺達は再度、全力で動くべきだと確信した。
今だからこそ最強のロックを発せられる。
全国のみんな、超期待してくれていいよ。

そしてご存知のように来月には両A面の新曲2曲、
「The End of the Dream」と、そして「Rouge」が発表される。
まあ、今年発表した「THE ONE」以来なので、
LUNA SEA的にはかなりハイペースだと思う。
攻撃力、瞬発力、切れ味が超LS的で
さらに未来に光を投げかけるような、
今の俺達だからこそ表現できうるNext phaseロックンロール。
激ヤバでしょ?
深淵な大曲「THE ONE」の後を担うのは
これらのようなアッパーなトラックであるべきだと確信していた。
この2曲こそが未来のLUNA SEAへの起爆剤。
壮大でサイケデリックで宇宙的広がりを持つディープ・チューンと
ファイティング・スピリッツ剥き出しのパンキッシュなスピード・チューン、
これらの究極の対比と、そしてその中で生起する各メンバーの音魂のバトルロイヤル、
それこそがLUNA SEAの真骨頂だと自負している。

タフで荒削りだけど、同時に刹那の美を感じるかのような、
この2曲のミュージック・ビデオも期待してほしい。
今の俺達のアティテュードがギュウギュウに凝縮しているから。
ただ撮影時の俺のコンデションが骨折真っ只中でかなり厳しい状況だったんで
悔しいけど全然思うように動けなくて、
なんだかパフォーマンスが微妙に変なことになっているけど (^_^;)、
ゴメン、そのへんは多めにみてね (^人^;)。。。
あと「Rouge」のPVはなんとiPhoneとiPadのみで撮影された挑戦的な異色作。
Appleフェチの俺としては大満足な、そんな実験精神と遊び心も楽しんでね。

2012年、この重要なアセンション・イヤーの終焉と共に
俺達の未来が始まる。
怒濤のこのツアー、そしてその先に起こりうる何か。
みんな、最後まで着いてきてくれ。

SGZ

Leave a Reply