Archive for 2012.09

試練のツアー

今回のツアー、たった4本だったけど怒濤だった。。。
ご存知のようにツアー前日に左足首を剥離骨折しちゃってね、
でもツアー決行する以外の選択肢に興味は無く、
結果多くの関係者のみなさんにお世話になりながら、
なんとか完遂することができました。
みなさん本当にお世話になりました、そしてご心配おかけしました m(_ _)m。

ツアー前日の深夜、病院の先生にすべてを説明して、
絶対安静のところを無理矢理押し切らせていただいて
強引にシーネギブスにしてもらってね、
毎回ステージ前に信頼する友人のトレーナーにガッチガチにテーピングしてもらって、
なんとか全箇所乗り切ったよ。
全治1ヶ月、リハビリ入れて3ヶ月、
なぜ神様はここまで俺に試練を与えるんだ・・・?

14日はFUN CLUB限定GIG、SOUL’S MATE DAY。
毎回様々な形態、形式で行われるこのイベント、
今回はCOSMIC DANCE QUINTETによるライヴとトーク。
最も身近な存在のS.M.のみんなとのこのライヴで
だいぶ精神的に救われたよ。
近年、通常のライヴだとMCするのが好きじゃないから、
いつもFUN CLUB限定でたっぷり話すんだけどね、
とにかく初日がS.M.DAYで本当に助かった。。。
骨折した足を引きずってどうライヴすればいいのかを研究できたし、
S.M.のみんなの前だとほんの少しだけ弱音を吐けるし。。。

16日、憧れのSYSTEM 7と対バンする大阪公演。
移動が非常に辛くて結局車椅子を使うことに。
残念ながら大阪は深夜営業の規制が厳しすぎて、オールナイトは禁止らしく、
この手のパーティーにしては時間が早すぎて、最初は客入りが寂しかったけれども、
時間が経つごとに徐々にヒートアップ。
この日のSGZバンドは4人編成のCOSMIC DANCE QARTET。
それにマッチョくんのバンドUNI、DJ KOTARO氏、
そしてSYSTEM 7と、一気に盛り上がりと動員は盛況に。
UNIではBLACK OUTで、SYSTEM 7ではF.O.T.MESSIAH他2曲で飛び入りし、
大忙し!だけど最強に盛り上がったサイケデリックな大阪の夜だった。

翌日17日、赤坂BLITZにて単独公演。朝早く大阪を出て東京へ。
この日は6人編成のCOSMIC DANCE SEXTETに加えて
ご周知のとおりCOLDFEETのお2人がゲストで参加。
本編は徹底的にダンス・グルーヴに拘って追求したサイケ&ハードな
ロック・エレクトロ・ショー。
さらに二人が参加してくれたアンコールは一段と華やかになって
ロッキンでソウルフルなハードハウスを展開した。
ただやっぱり思うように動けないのが本当にもどかしくてね、
下半身がコントロールできないのはじつはグルーヴがとても不安定になる。
到達したいクオリティにいけないのが悔しくて、
それに左足がガチガチに固められているので、衣装も選択肢が限られちゃうし、
正直あらゆる意味で納得いかないライヴだった。
それでもクラウドのみんなのありがたいサポートもあって
フィールは、盛り上がりは、最高だった。
悔いは残るが結果オーライだったかな。
ただ無理に動きすぎて、
最後は患部を庇い続けていた右足と腰がガタガタになっちゃって
動けなくなっちゃった・・・試練のライヴだったよ。。。

21日、SYSTEM 7との東京公演。新宿FACE。
2回目なのもあってとても気心が知れた感じ。心地いい感覚。
リハ前にドクターからみっちりマッサージを受けたので、
だいぶ調子は回復したよ。
この日はとにかくDJ Yummyちゃんが素晴らしかった!
ソウルフルでアーバンでキラキラなグルーヴでオープニングを担ってくれた。
C.D.Q.のパフォーマンスは今年最後ってこともあってみんな気合い入ってた!
このミニマムなメンバーでのグルーヴもこれはこれで超ヤバいな。
より追求していく価値はあるな。
オーラスSYSTEM 7は流石の貫禄だった。
この日のみROVOの勝井さんがゲストで迎えられ、
最高のサイケデリック・エレキ・ヴァイオリンと最幸のS7グルーヴが絡み合って
至高の音を醸し出した。
そこに飛び入りしてSGZ的絶叫ギターをかき鳴らしたよ。
音楽で混じり合う至福の時。。。
クラウドのみんなも素晴らしかった。最高に昇天してツアー・ファイナルを迎えた。

とにかくみんなに心配かけちゃて本当に申し訳なかったです。
そして今回ほど助けられた感覚を感じたことは今までなかったよ。
みんな本当にありがとう。。。

現在体調の回復と足首のために数日間の静養中・・・、
なんだけど、問題もやることも山積していて、精神的に全然休めないよ (泣)!
いったいいつになったら俺に平穏は訪れるんだろう。。。

ドクター曰く、ギブスが外れるまであと約20日、
そこから約2ヶ月のリハビリ。
うーん、11からのLUNA SEAのツアーまでには完治させたいなぁ。。。

SGZ

SUPER LOVE 2012 feat. COLDFEET

今回も宣伝させてね。

FINAL OF THE MESSIAに続き、
9/11、盟友COLDFEETとのコラボレーションにより生まれたニュー・デジタルシングル
「SUPER LOVE 2012」が配信開始となった。
2002年に「SUGIZO & THE SPANK YOUR JUICE」名義で発売された
ファンキー・チューン「SUPER LOVE」を
今現在のSGZ的エレクトロに昇華させて、
グラマラスな女性ヴォーカル曲として復活させたかったんだ。
近年俺が追求している宇宙的な、サイケデリックでダークな方向とはまた異なる
ソウル&ファンク的、光に満ちた感覚をSGZ的テクノ・フォーマットに落とし込みたかった。
そのために15年来お互いにリスペクトしあっていて、今では孤高のデュオCOLDFEETに
共同プロデュースをお願いしたんだ。
結果、よりディープなハウスに接近、あらゆるハウス・ミュージックの要素が融合した
絶品のハイブリッド・ハウス・チューンが生まれることとなった。
彼らとのコラボ、相性、そしてケミストリーは予想以上に最高だった! 
流石のお二人!
グルーヴィーで、ソウルフルで、ファンキーで、ジャジーで、
そこに俺のギターが唸るロッキンなフィールや微妙なサイケ感が絡み、
そして麗しいLori姉さんのヴォイスが舞う、センシュアルかつPOPな、
そんな新しいSGZミュージックを、是非体験してほしいな。

今後俺の音楽の根幹としては
引き続き宇宙的で、ハードで、サイケデリックで、そしてスピリチュアルな
エレクトロニック・ミュージックを展開していきたい。
同時に、今回の「SUPER LOVE 2012」を起点として、
官能的で光に満ちたソウルフルな世界観を
女性ヴォーカル・フューチャリング・シリーズで追求していきたい。
月と太陽、闇と光、相反するエレメンツの重力が引き合うように、
よりSGZミュージックの世界を広げていきたい。

みんな、これからの音の旅もまた期待していてね。
まずは最新作「SUPER LOVE 2012」、是非チェックしてね!

SGZ