Archive for 2012.02

音楽漬けの日々

ここ数週間、いつもにも増して激動の音楽漬けの日々を過ごしている。

ご存知のとおり、3月にリリースするLUNA SEAのニュー・シングルの製作、
また去年10月に開催したさいたまスーパーアリーナでの
震災チャリティー・ライヴの映像作品の作業、
そして舞台「7DOORS」のための作曲作業と、
年明けから重要な製作事が三つ巴状態で同時進行していて、
まさに半狂乱の日々だった・・・
といっても音楽にドップリ浸かっていられて、とても充実はしているんだけどね。
身体は悲鳴を上げ続けているけどね。。。

そしてやっと、2つの重要なLUNA SEA作業はほぼ終着点まで辿り着いた。
12年ぶりのシングル、
それは現時点での5人の溢れ出るクリエイティヴィティが爆発し、
結果22分を越える大曲となった。
今の俺達のポテンシャルを余すことなく表現するのに、
これだけの尺が必要になってしまった。
詳細はまた追って書くけれど、これだけは言っておきたい。
5人のスピリチュアリティが過去最高の密度とレベルで融合した、
LUNA SEA史上最強、最高の音楽が今、生まれた。
それは何か理解不能な未知なる強烈な力に導かれるかのように、
あまりにも自然に、スムーズに、
あたかも最初からこの音楽が存在していたかのように。
とにかく最強に期待していてほしい。
これが現在のLUNA SEAの掛け値無しの真実だから。

「A Promise to The Brave」の編集作業及びTDも無事にほぼ終了。
未来へ希望と光を受け渡すかのような、
素晴らしくポジティヴなエネルギーに満ちたあの日の感覚を、
細部まで余すことなく映像化できたと思う。
間違いなく今までで最高の一体感と同時に最高のクオリティを実現できた、
希有なライヴのひとつ。ベスト・アクト。
この作品の収益もまた、復興支援のために寄付されます。
みんな是非、現在進行形(とは言ってももう数ヶ月も古いけれど)のLSを
この映像作品から感じてほしいです。

そして今日からは「7DOORS」の作業へ思いっきり集中モード。
台本は人間の心理、感情の奥底を徹底的に表現したディープで、かつ耽美的な、
それはとても深淵な世界。
そこに触発されて、美しくも狂おしい音楽が生まれ始めている。
子供の頃から敬愛するバルトークが唯一残したオペラ作品、
その新解釈版ということで、
心地よくもあり大きくもあるプレッシャーと、大きな名誉が入り交じりつつも
あくまでも自分の内側から滲み出て、上から降り注ぐインスピレーションに身を任せ、
創作に没頭している。
期限は決まっているので、その限られた時間の中で何処まで追い込めるか。
あと数週間、とことんまで集中しようと思う。

また状況をお知らせしますね。

SGZ