Archive for 2011.09

From Buenos Aires with Love

SGZ、現在X JAPANとして南米ツアー中です。

チリのサンチャゴ、ブラジルのサンパウロを終え、
そして今日アルゼンチンのブエノスアイレスを終え、
明日、ペルーのリマに移動します。
残すはあと2本。

どこも流石情熱の国。
噂に聞いていた以上に最高の盛り上がりで、
南米のファンのみんなのポテンシャルに正直感動してる。
機材や電圧のトラブル等もあって、
まだまだクオリティを上げていかなきゃいけないんだけれど、
でも、サンチャゴも、サンパウロも、ここブエノスアイレスも
本当に最高だ!
みんな全身で音楽してる。グルーヴしてる。
最高の状態でみなひとつになっている。
この素晴らしく熱い感覚を世界中のみんなに伝えたいな。。。

俺は風邪引いちゃって、2日間ぶっ倒れてて、
昨日の唯一のOFFも身動き取れなかったほどなんだけど、
ここブエノスアイレスのファンのみんなのほとばしる情熱に触発されて、
体調も一気に回復したみたい。
本当に素晴らしい。

このまま全力でリマ、メキシコを挑んでくるよ。
まだまだ高みを目指したい。

SGZ

PRAY FOR MOTHER EARTH

本日9月11日。
最新版SGZ Music、「PRAY FOR MOTHER EARTH」
が配信開始されました。

これは元々は5年前、
世界的即興演奏の権威、近藤等則氏と共に
EARTH DAYのために製作された楽曲だった。
正式リリースがなされていなかった本作を
今回、日本屈指の最狂Dubエンジニア、
DUB MASTER X氏のミックスを施し、
この911に配信開始されることとなった。

10代の頃から大リスペクトしていた近藤氏との幸福な共演は
信じられない程深く、そして強烈な体験をさせてくれた。
地球のヴァイブレーションを全身で放つ氏の崇高な音とのコラボは、
まったく未体験ゾーンの素晴らしい化学反応を誘発し、
生命感が宿る最高の楽曲を生んでくれた。
悠久の大自然、すべての命の源である母なる地球、
その感謝と敬愛の念を込めた大作。
強烈にエフェクトをかました俺のエレクトリック・ヴァイオリンと
近藤氏のエレクトリック・トランペットの絡みは
まるで海の精と山の精が戯れ合いながら舞い踊り、地球を愛おしみ、
そして宇宙に飛翔していくかのような、官能のサイケデリア。
それをまとめるDUB MASTER X氏の手腕により、
大地の鼓動を強烈にイメージするスピリチュアル・ダブ・トラックとなった。

最新版SGZ Musicは百戦錬磨の漢達三つ巴によるすべての生命への祈りの音。
今だからこそ、多くの人達に是非感じてほしい。

SGZ

あれから半年。そして、あれから10年。

半年経った。。。
状況はだいぶ変わって来たとは思う、けれど
深い傷跡は未だに癒えていない。
放射能の問題と瓦礫の問題は、今後数十年単位で続くだろう。
多くの難問がまだまだ山積している。

でも、ポジティヴな未来を諦めたくない。
必ず平穏が訪れると俺は信じている。
必ず成し遂げられる。
これからも復興に、復活に向けて、
すべての人々が全霊で行動するべきだ。

そして・・・あれから10年。
世界を震撼させたあの衝撃は、未だに強烈なままだ。
あれが本当に宗教的対立によるものだったのか、
もしくはエネルギーの、経済の利権によるものだったのか、
そのすべてはヴェールに隠されたままだけど、
これだけは間違いなく言える。
二度とあのような愚行を繰り返すべきではないし、
認めるべきではない。
ビンラディン氏を殺害してもまったく解決になっていない。
報復、殺し合い、奪い合いでは決して答えは見つからない。
平穏は見つからない。

2011年9月11日。
ここサンパウロより、東日本で、NYで、犠牲になったすべての魂達に、
心から哀悼の念を捧げます。
そして、
真に美しい未来の構築のために、世界が本当の意味でひとつになれるように、
自分のすべての可能性を全霊で全うして、
これからも生きていくことを誓います。

SGZ