Archive for 2010.02

PRANA

ここ一週間、作曲作業に没頭していて
スタジオに超缶詰状態の、ほぼ世捨て人状態のSUGIZOです。
なんとか締め切り間に合った〜〜〜。

・・・で、宣伝させてね。
今月24日、SUGIZOソロ怒濤の毎月リリース・ラッシュ第3弾作品、
「PRANA(プラーナ)」が配信されますー。
今月からは毎月1曲です〜。大変だからね〜。
ここ最近の音楽的流れを踏襲するエレクトロ作品で、
今回の作風は超ギターロック・ニューウェーヴ・エレクトロ。
俺らのジェネレーションの多くが洗礼を受けた80年代退廃的感覚、
NEW WAVE、PUNK、GOTHの感覚を今の俺流に解釈した
バキバキのELECTRO ROCK!
思い存分ギターも弾きまくったぜー。
今回の作品は相方のMACCHOくんとの火花は相当派手に飛び散って
最高の化学反応が起きたと自負しているよ。
20世紀的退廃感覚、21世紀的境界超越感覚、
それらを体現しつつ最後はエクスタシーと共に昇天するかのような。。。
俺が持ちえているあらゆる要素の、「今」を凝縮したハイブリッド・チューン。
みんな楽しんでもらえたら嬉しいな。

前回同様、今回の「PRANA」も
携帯サイト「Cool Sound」にて先行配信されますよー。
しかも今日からだよー。
http://coolsound.jp/sugizo/

そんな合間を縫って、先日TOSHIさんの新作のレコーディングに参加してきた。
もろもろ大変な状況ではあるけれど、
あの人の目は確実にポジティヴなこの先を見据えている。
よりクリアになって、俺には揺るぎない強さを感じた。
超特急のレコーディングだったけど、相当いい感じになったと思う。
しかしTOSHIさん、本当に信じられないくらいやっぱり歌がウマい。
本当に脱帽だった。大リスペクト!

来週もまた作曲まみれの日々だな。修行僧のように。
まったく私生活が皆無だよ (^_^;)。
でもフィーリングはいい感じだよ。燃えたぎってるから、今。
次にみんなと会えるのは2/24かな。
Hope see you soon.

With Love,
SGZ

ブルー・ゴールド 狙われた水の真実

強烈な映画を知った。
今までそれほど意識をしていなかった、
しかしもう無視できない真実がそこにはあった。

「ブルー・ゴールド 狙われた水の真実」

今俺達が直面している、地球規模の「水」の問題に警笛を鳴らす
あまりにも重要な映像作品。
これは「不都合な真実」と同レベルの衝撃。
石油戦争から水戦争の時代へ。

誰もがどこにでもあると、いつでも手に入ると信じ込んでいた「水」。
地球の、生命の、最もかけがいの無い存在「水」。
それさえも今は資本社会の、金銭を生み出すための餌になってしまった。
空気と同じように水がなければ俺達は生きていけない。
全ての命は生きていけない。
巨大企業は、権力者達は、それを利益に変える。
いつの間にか「命の源」を得るために富が必要になってしまった。
誰もが生きる資格を平等に持ち得ているのに、
彼らはそれをも富で操りたいんだ。
もう水を取得するための戦争は始まっている。
富と権力がそこに渦巻いている。
石油の次は水。その次は・・・空気?

この映画の監督、サム・ボッゾはこう語っている。
「地温温暖化は”どうやって”生きるかの問題だが
水危機は”生きられるかどうか”の問題なのだ」と。

水は全人類、全生命に与えられた大いなる共有財産。
地球から与えられたこの恩恵を、巨大企業はことごとく商品化している。
これは宇宙的に正しいやり方なのか?
富と権力が集中し、そこでは贅の限りが尽くされている。
そして犠牲になるのは常に発展途上国。最貧国。
その問題から本当に脱却なければ。。。
全ての命が不安なく生きて行けるような世界を望むには
やはりまず声を上げるしかない。

地球温暖化の問題。森林伐採の問題。砂漠化の問題。そして水の問題。
本当に課題は山積している。
経済の危機という、一刻も早く解決しなければならない
短期的に優先するべき取り組みと、
自然、命、いずれ訪れる(もうそこに迫っている)地球レベルの危機という
未来を救うべき長期的な取り組み。
俺達はもっとも効率的なやり方を探し当て、今すぐ対処しなきゃいけない
難局に直面している。

でもそれはいたしかたがないことだと思っている。
ここ100年以上、俺達は間違ってきたんだ。
地球の存在を、命のサイクルを、驚異的な自然の奇跡を踏みにじってきたんだ。
今ここで、地球レベルでの意識改革を現実にしなければ、未来は暗闇だろう。
この数年、温暖化問題は完全に市民権を得た。
まだまだ解決の決定的方法論は隠蔽されているが、それでもそれは素晴らしい進化だ。
そして次は直面している水の危機を俺達は認識しなければければならない。
いつもいうことだけど、まずは声を上げること、真実を知る事が大切だと確信する。

もう無視できない真実がそこにはあった。
それは悲鳴を上げている。

みんな、是非この映画を観てほしい。そして知ってほしい。
俺はもうペットボトルの水は極力飲みたくない。。。

http://uplink.co.jp/bluegold/

SGZ